税理士

税理士

 

税理士-企業会計と税務会計-

企業会計と税務会計は緊密な関係にあるが、企業会計で計算される利益と、税務会計で計算される課税所得は意味合いが全く違う。

 

企業会計は、一定期間の経営成績や一定時期の財政状態の情報を提供する事が目的である。
企業が資金をどのように集め、それをどのように投資し、利益を獲得したかを、株主や利害関係者さらには潜在する投資家に情報を開示することが目的である。これにより、さらなる企業活動資金を集めて、円滑な営業活動を行えるようにする。

 

一方、企業が獲得した利益から税金を取る事が法律で決まっている。
企業会計では、経営者の恣意的介入が入りやすい。そのため、平等に税金を計算するために、ルールを決めて、課税所得を計算する事が税務会計の目的である。

 

経営者は、これらの業務を行う事は、負担が大きすぎる。そこで、税務・会計の専門知識を持つ税理士が煩雑な計算を行い、経営をサポートしている。

関連記事

MBTシューズ

その他